国際委員会報告
平成26(2014)年度JABES国際委員会活動報告
 
平成26年度JABES国際委員会の活動は例年参加しているSBE(アメリカ経営倫理学会大会)への参加と、来日された経営倫理学関係学者による講演会の開催であった。
 SBE年次大会は8月1日から4日まで、フィラデルフィアRadison Blue Warwick Hotelを会場に開催された。初日の国際学者歓迎会には、雪印乳業の日和佐信子社外取締役が参加された。日本からの参加者は梅津副会長、出見世理事、小山理事、谷口会員であり、そのほかにラトガース大学留学中の重本会員も参加された。
慣例に従い、梅津副会長がブライアン・ヒューステッド会長はじめ日本にも馴染みの深い
役員や前役員に記念品を贈呈した。また日和佐取締役主催の昼食会も開催され、日本からの訪問者とパトリシア・ワーヘイン先生、ダリル・ケイン先生を囲んで情報交換の時をもった。
 今回もヨーロッパからの参加者が多く、また若手の研究者、大学院生の参加者も多く企業倫理の研究が欧米では地理的にも年齢層的にも拡大・深化していることを痛感させられた。会期のはじめには主に博士課程在籍中の院生とワーヘイン先生をはじめとするシニアレベルの先生方の特別セッションももたれており、アメリカでは学会が次世代研究者を大学の壁を越えて育てようとしている姿勢に感銘を受けた。
 2014年10月20日にはノートルダム大学教授のオリバー・ウィリアムス先生が来日され、慶應義塾大学で「THE CHANGING ROLE OF BUSINESS IN SOCIETY:
DOING WELL AND DOING GOOD」と題して講演会が開催された。急な来日であったため、人数を18名に制限せざるを得なかったのが残念であったが、海外の留学生や大学院生を中心に20名ほどが参集した。
 2014年12月12日にはハーバード・ビジネス・スクールのNien-he Hsieh先生(謝念和先生)が来日され「The Purpose and Responsibilities of the Firm」と題して講演された。これまた、来日の1週間前に連絡がきたために、十分な準備ができなかったが、会場の慶應義塾大学三田キャンパスにはおよそ60名の参加者が集い、現在同名の著書を執筆中の先生から最新の企業論を伺うことができた。ここでは大学院生を中心として活発な討論が行われ、謝先生からも大変に刺激的な討論であり有益であったとのご感想をいただいた。 
 このほかにも11月には第5回PRMEアジアフォーラムがマレーシアのクアラルンプールで開催され、梅津が出席したほか他の会員の国際交流は把握できないほど活発に行われるようになってきた。国際委員会は故水谷雅一会長の諮問機関として発足し、国際交流が少なかった時代にふさわしい交流の相手を吟味する目的で設立された。昨今の現状をみると、国際交流はすでに相当程度行われており、また今後ますます進展するであろう国際交流の現実を考えると、国際交流担当理事を中心に理事会での審議に発展進化させる時が来ているように思われる。

平成25(2013)年度JABES国際委員会活動報告
 
日本経営倫理学会20周年を記念し国際シンポジウムの開催を計画してきた。国際部会の年度予算は15万円程度であり、単独で学者を招聘しての開催は難しいことから、何度となく計画は延期されてきた。今年度は念願であった、海外からの学者を招聘しての講演会を開催できたことをまず喜びたいと思う。
 この講演会はカリフォルニア大学バークレー校のDavid Vogel教授を御迎えして、11月16日(土)慶應義塾大学三田キャンパスで開催された。Vogel 教授はGlobal Corporate Responsibility and Business Ethics と題して1時間ほどの講演をされ、通訳は梅津光弘副会長が担当した。ここ数十年における米国やその他の世界における企業倫理学やCSRの興隆を、企業に対する社会の批判的視点の興隆の観点から分析され、この運動が欧米においても日本においてもそれなりのレベルに達していることを指摘された。また、今後は環境問題との関わりから、各国における政府と企業の連携の重要性や世界的な業界団体やNGOなどが提供している産業綱領の進展や国連グローバルコンパクト、さらにはSRI(社会的責任投資)の状況なども説明された。
 つづいて日本企業におけるCSRの強みと弱みに言及され、日本企業の実践や国際的な貢献を評価すると同時に、世界的にはそうした努力はあまり認知されておらず、市民団体やNGOの活動も弱い為に民主的な改善圧力は弱いとの指摘がなされた。
 慶應義塾大学での記念講演会には、約120名の学者、学生、企業関係者などが参集し、講演後約1時間に及ぶ活溌な質疑応答が行われたほか、その後の懇親会においても50名の参加がVogel教授を囲んで有意義な交流が行われた。Vogel 教授はThe Market for Virtue: The Potential and Limits of Corporate Social Responsibility. (Brookings Institution Press, 2005)の著者として有名であり、日本でも本書の邦訳が出版されている。本書は近年のCSRへの関心の高まりを、様々な統計を用いて客観的に評価しようとしているところに特徴があり、CSR礼賛一辺倒の講演ではなく日本の取組みへの批判も含めた御講演をいただけたことは学会としての20周年にふさわしい講演会であった。その後Vogel先生は国際文化会館、一橋大学でも講演をされた。
 今回は招聘から滞在まで日本経営倫理学会が主催する初の招聘講演会であった。キッコーマン株式会社、および経済学会連合からの財政的支援をいただいたために、国際部会からの出費はほとんどなく済ませる事ができた。今後も時宜を得た招聘講演会を開催していくことは、様々な困難もあって毎年開催などは不可能としても、全体として大きな意義のあることであり今後とも学会の取り組むべき課題の一つであると思われる。
 昨年も海外での学会等での会員の発表が行われた。まづ8月にフロリダのウォルトディズニーリゾートで開催されたSBEアニュアルミーティングへのJABESからの発表者は梅田 徹先生(麗澤大学)、出見世信之先生(明治大学)、
古山英二先生(元日本橋学館大学)の3名であった。当学会からは例年の通り姉妹学術団体として歓迎会に対する返礼としてSBE6名の方へ扇子をお渡しした。
9月25〜26日には国連PRME世界大会がスロベニアのBledで開催され、梅津光弘先生(慶應義塾大学)が参加した。この会には
ヨーロッパを中心に全世界から300名を超す企業倫理、CSR研究者が集まり、責任経営教育の現状について活溌な発表と議論がおこなわれた。

JABES国際委員会2012年度活動概要報告
 
2012年度のJABESおよび会員が関わった国際交流活動の主なものを概観すると以下とおりであった。
 6月14日〜15日にはブラジル、リオデジャネイロ市において、国連PRME第3回世界大会が開催され、梅津副会長と高田会員が出席した。この会では全世界のビジネススクールや経営学関連の学部、またある場合は学長などが参加し、責任教育原則の実施状況やこうした世界的なCSR教育の現状について今後の戦略が討議された。またそれに続いて国連RIO+20が開催され京都宣言から20年を経て環境問題への企業、NGO、国連機関、大学などの取組みが報告・討議された。この20年でそれなりの進展はあったものの楽観を許さない現状認識が共有され、これから20年を見据えたRio+20宣言が採択された。
 北米地域との交流では、Society for Business Ethicsの年次大会が8月8日から12日までボストンで開催され、本学会からも18名が参加した。例年の様に開催前日には海外からの参加者に対して特別歓迎レセプションが行われ、元日本経営倫理学会副会長で書家としても著名な田中宏司先生が「絆」、「友好」等6作品を団扇と扇子に記毫し、米国経営倫理学会に贈呈された。日米の研究交流がこうした友好関係にも支えられ、米国側関係者も一様に喜んでいた。翌日から行われた年次大会では我が学会から重本彰子氏、萩原道雄氏、平野 琢氏、水尾順一氏の4名の方が研究発表を行われた。
 また11月には、韓国ソウル市国民大学校を会場に、日本と韓国の経営倫理学会のジョイント大会が開催された。日本からは髙橋会長をはじめ21名が参加し、高橋会長の挨拶の他、馬越恵美子氏、潜道文子氏、西藤 輝氏、文載皓氏の発表があり、Thomas Dieffenbach氏と梅津副会長はパネリストとしてそれぞれ参画した。前日にはLGディスプレイの工場見学なども行われ日韓の経営倫理学会の交流を深める事ができた。
 さらに12月8〜9日には国連PRME第3回アジア・フォーラムが慶應義塾大学三田キャンパスで開催されJABESはこれに共催した。二日目には学生大会も行われ11カ国からのべ150名の参加があった。東京宣言が採択され、今後の運動拡大が確認された。
 2013年1月には1979年に創設された米国経営倫理学会、Society for Business Ethics,の創設メンバーのお一人である米国デュポール大学のPatricia H. Werhane教授が来日され、JABESの共催のもとに慶應義塾大学と中央大学ビジネススクールで”Globalization and its Challenges for Business Ethics and Commerce in the 21st Century”をテーマに講演された。尚、この度、 Professor WerhaneとDr.Regina Wentzel Wolfe,Senior Wicklander Fellow, Institute of Business and Professional Ethics, DePaul University、お二人の来日目的はお二人が取組んでおられる研究テーマの一つである“Women in Business”、企業の経営層における女性の活躍についての日本企業の実態調査が主たる目的であった。
 国際交流活動は個別にはこれ以上の活動がなされている。来年度はJABES20周年を記念してDavid Vogelカリフォルニア大学教授の講演会が企画されている。 (文責:JABES国際委員会委員長 梅津光弘)

JABES国際委員会2011年度活動報告
 
2011年はなんと言っても3月11日に起こった東日本大震災を語らずしては始まらない。この地震と福島第一原子力発電所を襲った津波の災害による電力不足など、日本全体の活動が大きな衝撃を受け、変化を余儀なくされた年となった。相次ぐ余震と放射能汚染への不安から、多くの外資系企業が駐在員を帰国させたり、関西地方へ本社を仮移転させたりする事態がつづき、外国からの観光客も激減する状況となった。東日本大震災は日本の国際交流を語る上でも大きな転換点となった。
 そうした中で2011年度の国際交流活動を要約すると以下の様であった。
 例年のように8月12日〜16日の会期でSBEおよびAOMの年次大会が、テキサス州サンアントニオ市で開催され、企業倫理関係では約10名程の日本人参加者があり、小山、出見世、水村各会員の発表がSBEで、梅津副会長、西藤常任理事の発表がAOMで行われた。会場では東日本大震災の事柄やその後の状況等の質問が多く出され、アメリカにおけるこの問題への関心の高さが感じられた。
 9月17日には慶應義塾大学訪問研究員として来日中のヴァージニア工科大学教授リチャード・ウォークッチ氏による講演会が行われた。日本の自動車産業およびそこでの労務管理に関心をお持ちのウォークッチ教授はその後も日本に滞在され、かんばん方式と過労死の関係など精力的にリサーチをされた。また9月24日に開催された復興構想インターゼミナールにも参加され、日本に於けるゼミ教育に対して高い評価と関心をしめされた。
 12月21日〜23日にかけて高橋会長と文理事が韓国ソウル大学を表敬訪問され、韓国経営倫理学会会長の朴ウォンウー会長、および白キボック次期会長と会談した。この場で2012年11月8〜9日に日韓経営倫理協同シンポジウムを開催することが協議された。
 12月26日には国連PRME第2回アジア・フォーラムが中国北京市の清華大学で開催され、日本からは梅津副会長が参加した。中国におけるPRMEへの関心は高まりを見せており、清華大学ビジネススクール学生による発表や、その後もたれた大学院教員によるセミナーでは様々な新しい取組みが紹介された。日本におけるゼミ教育や企業との共同研究などを紹介したが、中国における国際的な視野に立った経営教育、あるいは経営倫理教育はアジアのリーダーとしての自覚をもって、国策として取り進められており、海外からの留学生数や教授陣の豊富さ、カリキュラムの柔軟さ、そして何よりも学生達のモチベーションの高さについては日本の大学、大学院も見習わなくてはならないと感じざるを得ない。
経営倫理学における日本の優位も、ここ数年で縮小してしまい、GDPのみならず経営倫理教育の面においても韓国や中国の台頭がめざましくなってきていることを印象づける機会と成った。 (文責:JABES国際委員会委員長 梅津光弘)


JABES国際委員会2010年度活動報告
 
2006年4月国際委員会が組織され、2011年4月をもってまる5年の時間が経過したことになる。この間、海外における団体も学者中心の純粋な学会から、実務家中心、コンサルテーション企業、さらにはCSR活動の実践団体、NGO、NPO等様々な形態の国際交流が発展してきている。また近年は国連を中心とした国際機関が経営倫理やCSRをテーマとした指針や原則を発効し活動を活発化させてきている。日本経営倫理学会にも様々な団体からの提携、協同研究等の申し入れもあるが、日本経営倫理学会の現状を勘案すると、これまで同様に関係の深かった重点団体との交流を深めていく事が肝要であると国際委員会では考えている。
 2010年度おもな国際交流活動を要約すると以下の様であった。
 6月5日開催の総会においては、一橋大学ビジネススクール校長のクリスチナ・アフメージャン先生に基調講演をいただき、現在全世界で起こっているビジネス教育のパラダイムシフトやアメリカにおけるビジネススクールの役割などについてご発表いただいた。
 6月23日には国連PRME第2回世界大会がフォーダム大学を会場に開催され、当学会副会長で国際委員会委員長の梅津会員が出席した。この会では全世界のビジネススクールや経営学関連の学部、またある場合は学長など参加し、責任教育原則の実施状況やこうした世界的なCSR教育の現状について今後の戦略が討議された。またそれに続く24日にはニューヨーク国連本部において国連グローバルコンパクト第3回リーダーサミットが開催された。今回はUNGC発足10周年ということで日本からは有馬UNGCジャパン・ネットワーク会長ほか数名が参加した。
 北米地域との交流では、Society for Business Ethicsの年次大会が8月8日から12日までカナダのモントリオールで開催され、本学会からも高橋浩夫会長以下、井出亜夫、小坂勝昭、西藤輝、佐藤陽一、重本彰子、出口純輔、萩原道雄、古谷由紀子、古山英二、日和佐信子(BERC)、稲石達雄(BERC)合計12名が参加、高橋浩夫会長、古山英二会員、井出亜夫会員の3名が研究発表を行った。
 また、11月1日から2日には当学会と中國文化大學商學院(台湾・台北)・中華民國多國籍企業研究學會協賛による「台湾・日本経営倫理國際學術研討會」(シンポジウム)が台北で開催され、当学会からは17名が参加、井上泉会員、狩俣正雄会員、谷俊子会員、野村千佳子会員の4名が研究発表を行った。同シンポジウムは合計で150名参加の盛会となった。
 さらに11月5〜6日には国連PRME第1回アジア・フォーラムが韓国ソウル市の慶熈大学で開催され日本からは慶應義塾大学が参加した。6日には学生大会も行われCSR発表コンテストでは慶應義塾大学—インドグループが最優秀賞を受賞した。
 例年3月に行われていた、国際委員会は東日本大震災の影響もあり開催できなかった。3月11日以降様々な会議、イベント等がキャンセルされる中で、大学に於いても卒業式、入学式の中止、新学期の延期などこれまでにない影響が出てきている。国際交流についてはその重要性はますます大きくなる一方で、今回の震災は日本全体のあり方をも変更させる国難であり、今後の学会活動全般について見直しが不可避となることが予想される。 (文責:JABES国際委員会委員長 梅津光弘)

2009年度も様々な会員の活動がなされた
JABES国際委員会としては、様々な活動の中から、国際委員会の承認のもとで行われた事業のみをここにご報告することとした.
 2009年で特記しておきたい事は、年初より新型インフルエンザへの脅威が内外で指摘され、多くの企業や大学も海外渡航の禁止ないしは自粛要請が行われ、実際に海外から帰国するにあたっては厳しい検査や帰国後の隔離や追跡調査が行われたという事実である。したがって、国際交流の観点からは大変難しい局面が年の前半は存在していたという事を指摘しておきたい。
 例年多くの会員が参加する,Society for Business Ethicsの年次大会も今年は例年になく参加者が少なく、アメリカ側からは懸念と同情の声が多かった。今年のSBE大会は8月6日から9日までイリノイ州シカゴ市のAllerton Hotelで開催され,本学会からも数名が参加した.例年の様に開催前日には海外からの参加者に対して特別歓迎レセプションが行われた.
 また大会初日の懇親会では昨年3月に来日され、JABESでも講演会をしていただいたRegina Wolfe Dominican University元教授とご主人のSteven Wolfe(元Northern Trust銀行副頭取)のご自宅にご招待を受けた。Mies van der Rohe設計のミシガン湖が遠望できるレイクショアドライブ・アパートメントの私邸に70〜80人に上ろうかという経営倫理学会の重鎮教授が集まっての交流会は忘れがたいものとなった。 
 大会では古山英二会員が発表されたほか、経済学や金融工学の基礎を問い直す研究が印象的であった。また今回の学会ではラウンドテーブルセッションをはじめ、これまでにない研究発表、研究交流の実験的試みが行われ、これも大変印象的であっと。今年も一部の参加者による報告会が9月の研究例会の場をかりて行われた。
 10月3日には他大学の招きで来日中の元SBE会長でJABESでもおなじみのダリル・ケーン先生を囲んでの研究討論会が開催された。
 さらに本年はBERCの国際シンポにおいて、米国に本拠地をおいて活躍している原丈二氏を講師にお迎えした。公益資本主義を唱える氏を囲んで国際委員会の一部のメンバーが懇親の時をもった。

                                             研究部会のページに戻る→

copyright (c) JABES 2010 ALL rights reserved