法務コンプライアンス研究部会
1.法務コンプライアンス研究部会の目的
経営倫理の研究に当たっては、伝統的に経営学的視点、哲学的視点からアプローチされ、実際の諸機関の不祥事に対する事例研究も
盛んに行われている。不祥事の研究については、経営者層及び従業員の倫理や組織内の監査・監督、業務執行プロセスなどのガバナ
ンス上の問題点を扱うだけでは足りず、金融商品取引法、労働法、独占禁止法、不正競争防止法、消費者関連法、各種業法、個人情報
保護法等、多岐にわたる法規制あるいはソフトローと呼ばれる各種コード類との関係でその問題点を明らかにしていく必要がある。
当部会では、個々の不祥事、事件、問題事象について厳密に法的論点を整理し、諸機関における不祥事及び非倫理的行動等に対する
実効性ある予防に寄与する研究を行うものとする。
2.会長及び役員
浜辺陽一郎(日本経営倫理学会副会長 弁護士)
必要に応じ幹事若干名を置く。
3.部会員資格
・ 日本経営倫理学会員であること。
・ 法学系の研究者、法律家及びそれ以外の研究者で企業を巡る法務に関心を持ち、法的観点から論議ができる人。
・ 部会例会に法的視点で研究発表ができる人。
4.部会開催日
・ 四半期(6月、9月、12月、3月)に1回程度。
・ 開催時間は午後6時~8時とする。
・ 第1回部会は、6月28日(金)午後6時から予定します。この日に参加される方は、
下記のメールアドレス宛て6月24日(月)までにご連絡ください。
浜辺陽一郎 yohamabe@ybb.ne.jp
井上 泉  izumiodysseus@gmail.com
第1回部会では、部会運営の方法について、参加者の皆さんと論議していきたいと思います。
5.部会開催場所
・ 原則として、早稲田大学リーガルクリニック(早稲田大学28号館4階会議室)。
・ 上記会場を確保できないときは別途ご案内します。
6.研究成果
・ 年間の研究成果を印刷物にして発行し関係先に配布するほか、法令改正等に際しては積極的にパブリックコメントをまとめて
発信する。
7.部会費
・ 郵送費、会場使用料(早稲田大学以外のとき)、その他諸雑費を賄うため、年会費を徴収します。その額については第1回部会で
論議の上決めます。
・ なお、年会費とは別に年1回発刊予定の年報に関する費用も確保する必要がありますので、これについても論議の上決めます。
8.入会を希望される方
・ 入会希望者は上記4.の宛先(浜辺、又は井上)にご連絡ください。
・ 入会するかを部会の様子を見て決めたいという方も歓迎します。
                                                       以上