ESG投資研究部会
2016(平成28)年度研究部会報告
(ESG投資研究部会)

研究部会 メンバー: 小方信幸*、高橋浩夫、梅津光弘、林順一、大沼久美、岡本伊万里、小澤彩子、姜理恵、
北島純、木下靖朗、近藤成径、櫻井功男、笹谷秀光、長谷川浩司、松山将之、森敦子、森田充 
(*印は会長 計17名)
研究部会 設立年月:2017年1月19日 (2016年9月19日、日本経営倫理学会第151回理事会にて設立承認)
平成28年度 研究活動 報告
第1回例会は、2017年1月19日(木曜日、18:30-19:30)に大手町ファイナンシャルシティ
3階会議室で開催した。出席者は14名であった。梅津会長にご挨拶をいただいたのち、
参加者全員が研究テーマなどに触れつつ自己紹介を行った。林幹事より、本研究部会の
会則、研究方針などについて説明がなされ、全会一致でこれらを承認した。
2017年3月16日(木曜日、18:30 - 20:00)に開催した第2回例会では、ニッセイ・アセット・
マネジメントの林寿和氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「ESG投資の対象となる
日本企業の属性分析」 のテーマでご講演いただいた。林寿和氏はESGアナリストして
実務の第一線で活躍される一方、証券アナリストジャーナルなどにESG投資に関する
実証研究の論文を数多く発表されており、ESG投資の領域における第一人者である。
ESG投資研究の初心者も多く参加していたので、今回はESG投資研究の入り口という
位置づけで、林氏にはESG投資全般にわたる基本課題を分かり易くご説明いただいた。
研究成果
当研究部会は2017年1月に設立してから間もないので、メンバーによる実証研究の成果を
発表するには至っていない。しかし、第2回例会では、ゲストスピーカーである林寿和氏
から、ESG投資における実証研究の可能性についてもお話をいただき、当研究部会が
目指すべき方向について貴重な示唆を示していただいた。
平成29年度 研究活動 予定
2017年度は隔月で例会を開催し、研究部会メンバーによる統計的手法を用いた
実証研究および事例研究の成果を発表とする場とし、メンバー間での活発な議論を
行うことを目指す。
5月の第1回例会では、2名の報告者が統計的手法を用いた、ESG投資に関する実証研究の
成果を発表する予定である。
第2回例会以降は、若手研究者を中心に研究発表を行う予定である。